Io Language

1デフォルトの名無しさん2008/01/24(木) 00:03:44
http://www.iolanguage.com/
http://f21.aaa.livedoor.jp/~kizz/prog/io/_docs/IoProgrammingGuide_ja.html

2デフォルトの名無しさん2008/01/24(木) 07:51:21
なんでそんな伸びそうも無いものを。
>1 にネタ振りが出来ないようなら早晩落ちるぞ。

3デフォルトの名無しさん2008/01/24(木) 12:04:58
言語そのものは知らんが実装はガベコレだけ読んだな。

4デフォルトの名無しさん2008/01/24(木) 13:20:05
ioの構文、メッセージ機構はすごく興味あるんだけど
バインディング機構がヘボいから萌えない…

5デフォルトの名無しさん2008/01/24(木) 22:28:07
特殊形式に見えるものが普通のメソッドだったりするからメタプログラミングとかは結構できそうだな
文法もわりとわかりやすいな

6デフォルトの名無しさん2008/01/25(金) 03:22:30
このインターネッツ時代にわざわざ検索しにくい名前をつけんなと

7デフォルトの名無しさん2008/01/26(土) 17:04:19
>>5
それは良いけど、これはいただけない気が…

Range
v := "before"
f := method(arg, arg)
v println  #=> before
0 to(10) foreach(v, v println) #=> 012345678910
v println #=> 10

8デフォルトの名無しさん2008/01/27(日) 23:15:50
(過去の)関連スレ
{_proto: プロトタイプベース・オブジェクト指向};
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1109948927/

9デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 10:14:47
>>6
io-language
iolanguage
で検索するよろし

10デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 10:18:52
>>7
Rubyのブロックと同じ問題ですなあ

11デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 10:42:51
v := "before"
が無くても同じ、これは嫌だな
Rubyのは1.9で直ってるんだよね

12デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 10:57:05
LLパトルロワイヤルスレから来ました

io-languageの話題はここでいいのかな・・・

まあいいや

io-languageでメッセージ?オブジェクトそのものを取り出すにはどうしたらいいんでしょ

Io> unko := Object clone do(puripuri := method("&&&" println))
==> Object_0x581898:
puripuri = method(...)

Io> unko puripuri
&&&
==> &&&
Io> unko puripuri slotSummary
&&&                      ←puripuriが実行されてしまう
==> "&&&":                 ←文字列にslotSummaryしてしまう

上記で、puripuriを取り出したいのですが・・・

13デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 10:57:55
> io-languageの話題はここでいいのかな・・・
>
> まあいいや

コピペ失敗 orz ここは読み飛ばしてください

14デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 11:01:52
unko getSlot("puripuri")
ってこと?

15デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 11:45:22
>>14
それだ!!!!1
ありがとうございました。

文字列で渡すのがなんか新鮮に感じた

16デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 19:40:17
何かよさげな言語の予感

17デフォルトの名無しさん2008/02/03(日) 19:58:23
>>7
v := "before"
f := method(arg, arg)
v println #=> before
Sandbox doSandboxString("Range; 0 to(10) foreach(v, v println)")
v println

スマートとは言い難いけど、Sandboxを使ってとりあえず回避。

1872008/02/03(日) 20:39:23
>>17
Sandboxなんてあったのか…
あれから考えて、こんな風にやってみた。
うまくいっているようには見える。

scope := method(
expr := call message arguments first
context := Object clone
msg := message(do)
msg setNext(expr)
context prependProto(call sender)
context forward := method( self proto doMessage(call message clone do( setNext(nil) )) )
context doMessage(msg)
)

obj := Object clone
obj l := list(1, 2, 3)
obj f := method( scope( l foreach(v, v println) ))

chk := method( "[obj] " print ; obj slotNames print ; " [v] " print ; Lobby slotNames println )

obj f ; chk
scope( obj l foreach(v, v println) ) ; chk
obj l foreach(v, v println) ; chk

scopeブロック(?)内で self がいる(self l とする)ような仕様で良ければ forward メソッドの設定は省ける。

19デフォルトの名無しさん2008/02/05(火) 02:38:43
↓のみてて思ったんだけど、++とか--みたいな演算子って直接呼べないの?
ttp://blog.xole.net/article.php?id=658

value := 0
value ++ := method(self = self + 1)
value -- := method(self = self - 1)
value ++ println
value -- println

結果はファイルから読み込むと何もでないんだけど、コンソール(?)からやるとなんか出力されるんだよね

> io
Io> value := 0
==> 0
Io> value ++ := method(self = self + 1)
==> method(...)
Io> value ++ println
==> 1
Io> value ++ println
==> 1
Io> value println
==> 0

なんでだろ?
あと、↓のにすると上手く動く。この違いがわからない...orz
value getSlot("++") setScope(value) call println
value getSlot("--") call println

20デフォルトの名無しさん2008/02/05(火) 03:07:40
>>19
selfに代入しても、元のが変わらんっぽい

Io> value := 0
==> 0
Io> value test := method(self = "banzai!")
==> method(
self = "banzai!"
)
Io> value test
==> banzai!
Io> value
==> 1

2172008/02/05(火) 03:24:01
>>19
> value ++ println
これは、value ++(println) となって println は引数として扱われる。
んで、メソッドの側で仮引数を指定していないのでなにも起こらない。
コンソールで 1 が返ってくるのは、コンソールがメソッドの返値を表示するようになっているだけで、
println が表示しているわけではない。
> value ++ := method(v, self = self + 1)
とすれば何が起こっているかわかりやすいかも。

>>20
self はローカル領域オブジェクトのスロットなんじゃない?
変わる方がおかしいと思います。

22202008/02/05(火) 03:41:13
Io> value := Sequence clone setItemType("float32") setEncoding("number") setSize(1)
==> 0.000000
Io> value ++ := method(self += 1)
==> method(
self += 1
)
Io> value ++
==> 1.000000
Io> value
==> 1.000000

やったー ++ できたよー orz

>>21
そっか、selfも単なるread onlyなスロットだからか・・・

23202008/02/05(火) 04:18:45
Io> value := 0
==> 0
Io> value ++ := method(call sender setSlot("value", self + 1))
==> method(
call sender value := self + 1
)
Io> value ++
==> 1
Io> value
==> 1

先生!receiverの名前を得る方法はないんでしょうか!


どうでもいいけど、referenceがページ分けされてないので検索しずらいです('A`)
http://www.iolanguage.com/scm/git/checkout/Io/docs/IoReference.html

2472008/02/05(火) 04:42:21
>>23
リファレンス読むと、
  call message previous name
で、出来そうだけど実際には previous が無い模様。
ソース読むと、それっぽい実装はあありました。
使えるようになれば、value ++ とか出来そうですね。
ただ、>>21の問題もあるので細工がいりそうですけど。

>検索しずらいです('A`)
以前のJavaScript使った妙なやつよりはマシな気がする。

25202008/02/05(火) 05:25:05
絶対にスマートにできる方法があるはず!と思ってソース見たら

Number.c の Number のデータ部分に代入しているのが(DATA(self) = しているところ)、
IoNumber_rawClone、IoNumber_newWithDouble_、IoNumber_copyFrom_ くらいしかなくて、
IoNumber_rawClone は、Clone用、
IoNumber_newWithDouble_は、内部のIoState用、
IoNumber_copyFrom_は、組み込まれてないww(たぶん内部用)

オワタ\(^o^)/
Number copyFrom メソッド実装汁!って本家に言っとくか、パッチなげるかだなw

26202008/02/05(火) 05:26:36
ああ、言い忘れた。一応、IoNumber_readFromStream にもあったから、Stream使ったらいけるかも

27202008/02/05(火) 06:14:24
連投スマソ。

>>26 のStream関連はまだ使われてないようでした orz

>>24
確かに call message previous で行ける!と思いましたが、
IoMessage_previous の中の実装が ifdef で外されている上に、
Ioのメソッドとして組み込まれてないですね。

28デフォルトの名無しさん2008/02/05(火) 13:10:12
チラシの裏です。

Windows版でコンパイルしたくなって四苦八苦してたんですが、
downloadページで配布されている Io-2008-01-20.tar.gz が、
ShellExecuteのための shell32.lib がリンクされてねえとか、setenvがねえとか、
OS依存なエラーでwin32環境でコンパイルできなくて、どうなっとるねん!!1

エラーつぶしているうちに、Changelog 見たらWindows関連部分が Fix されてるっぽくて、
http://www.iolanguage.com/scm/git/checkout/Io/
↑見たら直ってて、俺の時間返せー!!! って感じです・・・ orz

とりあえず、git落として最新版ダウンロードしたお

29デフォルトの名無しさん2008/02/05(火) 18:18:29
最近のバージョンって do( とかで改行すると、エラーで続きが入力できない。

30192008/02/06(水) 01:22:28
なるほど、selfはローカルのslotかあ。

というか、前回の>>19で書いた++は1の評価を返してるだけ?
value := 3
value setSlot("++", method((self + 2) println))

value ++ // 5

やたー

ということは...ここは>>19のクロージャか!!w
value := 6
value ++ := block(
block(
value = value + 1
call activated
)
) call

(value ++) call call call call
value println

全然答えじゃねえorz

31デフォルトの名無しさん2008/02/06(水) 01:48:38
>>30
解決になっとらんでワロタ

3272008/02/06(水) 03:16:47
無理矢理解決してみた。
v := 0

inc := method(
  res := nil
  recv := call target
  cntxt := call sender
  cntxt foreachSlot(name, value,
    if (recv == cntxt getSlot(name),
      res = cntxt setSlot(name, cntxt getSlot(name) + 1)
    )
  )
  msg := call message
  right := msg argAt(0)
  msg setArguments(list())
  msg setNext(right)
  res ++ := Lobby getSlot("inc")
  res
)

v ++ := getSlot("inc")

v println
(v ++ ++ ++ println)
v println

3372008/02/06(水) 03:19:22
>>32 書いてて気づいたんだけれど
1 + ; 2
は、 1 + 2 と解釈されるのね。
改行も同様につながってしまう。
そのせいで右辺のメッセージのごまかしが完全じゃない。

34デフォルトの名無しさん2008/02/06(水) 03:55:34
俺も...と思ったけど、ダメだったorz

value := 0
value ++ := method(
call message setName("call")
call sender setSlot("self", self + 1)
)

(value ++) println //1
value println // 0

35デフォルトの名無しさん2008/02/08(金) 14:08:19
++の話題、Smalltalkスレで聞いたら、同じような力技でしたw

アラン・ケイも認めた!Ruby>>>>>Smalltalk
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1150106090/169

> >>165
> やっつけですが、Squeak Smalltalk で。
>
> Object >> inc
>   | sender index |
>   sender := thisContext sender.
>   index := (sender method at: sender pc - 2) \\ 16 + 1.
>   ^sender tempAt: index put: (sender tempAt: index) + 1
>
> | a b before after |
> a:= 1. b := 2.
> before := {a. b}.
> a inc. b inc.
> after := {a. b}.
> ^{before. after} "=> #(#(1 2) #(2 3)) "

36デフォルトの名無しさん2008/02/08(金) 14:19:36
>>35
Io もレシーバが代入されているスロット名を知る手段があればできるんだけどね。

37デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 07:44:21
つーか何が特徴なの?って物ばっかりだなこの手のは
++にしてもただの欠陥だし
無理矢理処理系の裏技使って解決しました!
ってまるっきりバカに見える

38デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 08:08:10
> つーか何が特徴なの?って物ばっかりだなこの手のは

それは、あなたがバカなだけ

> ++にしてもただの欠陥だし

それは正しい

> 無理矢理処理系の裏技使って解決しました!
> ってまるっきりバカに見える

スマートではないのには同意。
しかし、どの言語にもスマートにできないものはある。
>>37の使っている言語にも苦手な処理はあるだろう?

39デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 08:23:45
>>37 はスマートにディップスイッチでバイナリを直打ちしている

40デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 08:24:26
なんだこいつ

41デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 08:32:58
>>38
これはこれは
別に>>38を名指しでバカって言ったわけじゃないよ
リトマス試験紙にするつもりは無かったのだが

それと、欠陥なら直せば?

42デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 09:57:51
欠陥ではなくセマンティックスの違いでしょう。
変数を箱のようなものと捉えるか、ラベルのようなものと捉えるか、という。

43デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 12:52:34
マクロを導入すればいいのに。それで解決する問題だ。

44デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 13:12:13
>>43
あーそーゆーことね。

45デフォルトの名無しさん2008/02/09(土) 17:38:49
まー、Ioはマクロがなくてもこれだけできる!みたいなところはある
というかマクロも実装できそうだがどうか

46デフォルトの名無しさん2008/02/10(日) 15:55:43
っていうか、

>>41
>それと、欠陥なら直せば?

あなたの使ってる言語はすぐ直せるの欠陥?
だいたいの場合、欠陥があったら言語のコアな部分を弄らないといけないと思うんだけど、そうじゃないのが現実なんだろうか...?

small talkの例がでたけど、ioとかこの辺の言語は、その欠陥をなんとかできそうな感じなんだよな。
だからみんな魅力を感じてるんじゃないかと。

47デフォルトの名無しさん2008/02/10(日) 16:08:46
++関連見てきた。
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1188997302/559

なんかすげー理解が広がリングwww
これ見ると言語実装論みたいのが分かって面白いわ

あと、smalltalkの実装も面白い

48デフォルトの名無しさん2008/02/19(火) 23:56:58
IoでObjective-Cの文法を導入する試み。

こういう「クレージー」なことができる言語は素晴らしい。
が、日常的に使いたいかどうかはまた別問題である。

http://www.rubyist.net/~matz/20080216.html#p01

49デフォルトの名無しさん2008/03/05(水) 08:42:59
Rangeってどうすれば使えるのでしょうか?
何か準備がいるのかな。
Io 20070410
Io> Range

Exception: Object does not respond to 'Range'
---------
Object Range Command Line 2

50デフォルトの名無しさん2008/03/05(水) 09:11:29
windowsなら、C:\usr\local に置かなきゃ駄目
ってやつ?

51デフォルトの名無しさん2008/03/05(水) 12:21:31
winバイナリだと正規表現もないのな

52デフォルトの名無しさん2008/03/05(水) 20:49:16
たしかにwindowsバイナリで、別の場所に入れてました。
c:\usr\local\bin にコピーしてやってみたら使えるようになりました。
どうもありがとう。

Io> 1 to(8) map(v,v**2)
==> list(1, 4, 9, 16, 25, 36, 49, 64)
Io> 1 to(8) map(**2)
==> list(1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1)
Io> "" asMutable do(65 to(65+25) map(v,append(v)))
==> ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

53デフォルトの名無しさん2008/03/22(土) 23:10:19
数値と数値を連結すると文字列じゃなくて数値になるんですね。
Io> 123 .. 456
==> 123456
Io> 123 .. 456 +1
==> 123457
Io> 123 .. 456 /3
==> 123152
Io> 123+456/3
==> 275

54デフォルトの名無しさん2008/03/23(日) 16:34:50
>>53
type で見てみると Sequence だし
123 .. (456 / 3)
こういうことじゃない?

下のようにするとエラーも出るし。
Io> Number ++ := method(v, self .. v)
==> method(v,
    self .. v
)
Io> 123 ++ 456 / 3            
  Exception: Io Assertion 'operation not valid on non-number encodings'
  ---------
  message '/' in 'Command Line' on line 1        

55デフォルトの名無しさん2008/03/23(日) 16:59:00
対話モードの結果にダブルクオートが出ないから勘違いしたのかな
何でもかんでもオブジェクトをasStringしてつなぐ模様

56デフォルトの名無しさん2008/03/23(日) 17:50:07
どうも失礼しました。計算したものが連結されてるだけなんですね。

57デフォルトの名無しさん2008/04/18(金) 01:11:19
Ioで日本語プログラミング

Io でもおk - はてな使ったら負けだと思っている
http://d.hatena.ne.jp/mr_konn/20080304/1204632557

関連ページ

第20回 日本語でおk | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/masui/200803/200803030100.html

Ruby もいいけど Smalltalk でも、おk。 - sumim’s smalltalking-tos
http://d.hatena.ne.jp/sumim/20080303/p1

inforno :: 日本語プログラミング言語Scala
http://inforno.net/articles/2008/03/04/japanese-language-programing-in-scala

58デフォルトの名無しさん2008/04/22(火) 18:47:28
DarwinportsでIoを入れたのですが >>49と同じ状態で詰まっています
どのようにすればいいのでしょうか?

59デフォルトの名無しさん2008/04/22(火) 23:02:02
>>58
普通に落としてインストールする

60デフォルトの名無しさん2008/04/27(日) 09:17:59
Io> exit

Exception: while saving history file '$HOME/.io_history', reason: Device not configured
---------
saveHistory Z_CLI..io 42
ReadLine ? Z_CLI..io 42
Call relayStopStatus A2_Object.io 295
CLI saveHistory Z_CLI..io 55
Object exit Command Line 1

こんなのが出て正常に終了できない

61デフォルトの名無しさん2008/04/27(日) 10:35:17
HOME環境変数は設定されてる?

62デフォルトの名無しさん2008/04/27(日) 12:35:51
できてます

また起動時に.io_historyがあるとすぐ落ちます

63デフォルトの名無しさん2008/04/29(火) 22:28:52
インクリメント演算子実装してるが
++numなら簡単だが
num++はむずいな

64デフォルトの名無しさん2008/04/30(水) 17:25:44
なぜ?

65デフォルトの名無しさん2008/04/30(水) 20:02:09
前置だとmessage call argAt(0)でnumそのものを取得出来て
そっからメッセージの書き換えでnum = num + 1;っていうメッセージを作れるけど
後置だとすでにnumが評価されていてnumのメッセージそのものを取得できない。

66652008/04/30(水) 20:27:07
まあ俺がioに詳しくないだけかもしれんけど

67デフォルトの名無しさん2008/05/01(木) 19:43:40
> ++num
ああ、その手があったか!

68デフォルトの名無しさん2008/05/21(水) 03:29:46
Ioではオブジェクトリテラル({a:1,b:2}みたいなやつ)って書けないの?
着想を得たってあがってるNewtonScript、Luaにはあったのに。

69デフォルトの名無しさん2008/05/26(月) 01:27:36
>>68
演算子や中括弧にもメソッド割り当てられるから簡単にできるよ

70デフォルトの名無しさん2008/05/26(月) 02:59:45
>>69
中括弧に割り当てるのやめて、まじやめて
昔","演算子で泣かされたの重いだして涙目

71デフォルトの名無しさん2008/05/26(月) 07:59:19
ホワイトスペースに割り当てられたら最強なのにね

72デフォルトの名無しさん2008/05/26(月) 08:26:26
>>70
いや引数の数チェックしてやればいいだけの話だし

73デフォルトの名無しさん2008/05/28(水) 03:38:05
>>69
すげえ、本当に簡単に出来るね。
List,Mapでの[]といい、なんで標準で定義してないんだろう。
{} := method(
obj := Object clone
call message arguments foreach(i,obj doMessage(i setName("setSlot")))
obj
)
{a=1,b=1+1} println

74デフォルトの名無しさん2008/05/31(土) 04:53:46
多分、>>68-73 みたいなFAQな流れを期待して、
Io sugeeeeとなるというのを想定しているのだろう

75デフォルトの名無しさん2008/07/05(土) 05:35:52
ほしゅ

76デフォルトの名無しさん2008/07/30(水) 20:44:36
対話型で初期化処理とかできないの?

77デフォルトの名無しさん2008/08/04(月) 20:26:33
何をしたいの?

78デフォルトの名無しさん2008/08/05(火) 08:09:26
対話型インタプリタとエディタを同時に使いたい

イメージ的には、
prolog系でのedit.
haskellの処理系の:editみたいなことがしたい

79デフォルトの名無しさん2008/10/09(木) 13:58:00
hosyu

80デフォルトの名無しさん2009/01/23(金) 20:35:49
以下のコードで、最後が false になってしまうのはなぜなんでしょうか?
その前の出力を見る限りでは同じオブジェクトに見えるんですが…

Foo := Object clone
Foo priv := method(
  list(call sender, self)
)

Foo bar := method(
  self priv
)

l := Foo bar
l println
l at(0) println #=> Foo_0x80a87f0 ...
l at(1) println #=> Foo_0x80a87f0 ...
((l at(0)) == (l at(1))) println #=> false !!

81デフォルトの名無しさん2009/01/23(金) 20:57:08
typeを見るとObjectとFooになってるね

82デフォルトの名無しさん2009/01/23(金) 21:41:51
>>81
レスありがとうございます。

l at(0) type println #=> "Object"
l at(1) type println #=> "Foo"

と、すると確かに違っていますね。
両方 Foo になっているべきに思えるんですが…うーん。

83デフォルトの名無しさん2009/01/24(土) 10:18:49
仮想機会のバグだ
一期一会だ

84デフォルトの名無しさん2009/01/25(日) 22:05:49
そうですね。バグですよね…。
レポートしておきます。

85802009/01/26(月) 10:56:59
バグではないそうです。
call sender は呼び出し元のセルフではなく、ローカル環境(?)を返すとのこと。
(なので、call sender self とすれば良かった)
それで思いついて試したんですが、呼び出し元の変数を書き換えたりもできるんですね。

Foo := Object clone
Foo bar := method(
  call sender v println
  call sender v = "new value"
)

Object clone do(
  v := "local value"
  Foo bar           #=> local value
  v println         #=> new value
)


86デフォルトの名無しさん2009/02/01(日) 12:11:47
Mac Portsにあったんでインストールしてみたものの「io」て打ちこんでも
コマンド見つからねーとか言うからport contentsしてみたらバイナリ名が「osxvm」だった。

87デフォルトの名無しさん2009/02/07(土) 11:16:46
皆Windowsでioやる時って、公式のWindows版バイナリ使ってます?
それとも自分でビルドしたの使ってます?

最新tarをMingwでビルドしようと思ったら、
IoFile.cでsys/wait.h使ってるらしくビルド通らないんですよね・・・。

回避案・代案知ってる人教えてください。

88デフォルトの名無しさん2009/02/07(土) 18:40:55
ヘッダファイル削除すりゃいいじゃん・・

89デフォルトの名無しさん2009/02/07(土) 20:42:07
ヘッダファイルの削除というのは、私には少々難しそうなので
まずCygwin使って再度挑戦してみたいと思います。
ありがとうございました。

90デフォルトの名無しさん2009/02/13(金) 13:03:52
↓Scalaスレで気になったことがあったんですが、IOだとこの辺の
優先順位の実装ってどんな風になってるんでしょうか?

プログラミング言語 Scala
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1205156417/739-743

739 デフォルトの名無しさん [] 2009/02/12(木) 02:57:16
+ や * はメソッドだって聞いたけど、
2 + 3 * 4 は 14ってちゃんと評価してくれるんだね
メソッドチェーンになるから、20が戻ってくると思った

これって遅延評価のおかげ?
Scalaのソースをちゃんと読まないといけないんだろうけど

740 デフォルトの名無しさん [sage] 2009/02/12(木) 03:21:54
+や*がメソッドだというのは間違ってないけど、中置式のメソッド呼び出しに
関しては、演算子の最初の1文字で優先順位が決まるというルールになってる。
このルールのおかげで、算術式に関しては直感的な動作をしてくれる。
Scala言語仕様6.12.3 Infix Operationsによると、優先順位は以下のようになってる。

letter < '|' < '^' < '&' < '<', '>' < '=', '!' < ':' < '+', '*' < '/', '%' < all other special characters

たとえば、

"HOGE" charAt 0 + 1

という式があった場合、charAtの最初の文字はletterなので、+よりも演算子としての優先順位は低い。
そのため、

"HOGE".charAt((0).+(1))

と解釈される。

91デフォルトの名無しさん2009/02/13(金) 13:04:54

741 デフォルトの名無しさん [sage] 2009/02/12(木) 03:22:54
訂正。s/letter/all letters/

742 740 [sage] 2009/02/12(木) 03:25:55
ありゃりゃ。コピペして不等号加えるときにミスったorz
正しくは、以下。

all letters < '|' < '^' < '&' < '<', '>' < '=', '!' < ':' < '+', '-' < '*', '/', '%' < all other special characters

743 739 [] 2009/02/13(金) 00:44:52
>>740
サンクス

BigDecimalでも試したけど、ちゃんと掛け算・割り算を優先するってありがたいな
RemoteActorの動作がいまいちわからなかったり(コンパイルした後、scalaコマンドで動かないのに、javaコマンドからだったらちゃんと動くとか)
わからんことだらけなんだけど、しばらく弄ってみることにする

92デフォルトの名無しさん2009/02/13(金) 16:59:48
ttp://f21.aaa.livedoor.jp/~kizz/prog/io/_docs/IoProgrammingGuide_ja_only.html
マニュアルには
標準の演算子の優先順位は C 言語と同じ
ユーザー定義の演算子は常に左から右へ
とある

93デフォルトの名無しさん2009/02/14(土) 13:04:15
なるほど・・・

> ユーザ定義の演算子 (標準の演算子名は使えない) は、常に左から右に動作する。 Us
「ユーザ定義」は「常に左から右」か
Scalaは最初の一文字できまるということなので、Scalaの方がよいかもだな・・・。

94デフォルトの名無しさん2009/02/19(木) 10:13:06
「左から右へ」は演算子が左結合ってことじゃないの? 

定義するときに優先度指定はできるよ 

以下を参考に 
ttp://subtech.g.hatena.ne.jp/cho45/20071021/1192926373

95デフォルトの名無しさん2009/02/19(木) 20:31:25
文字列パースにおいてのみ機能するようだ
あと、
ttp://www.nabble.com/Question-about-OperatorTable-and-difference-between-Interpreter-Scripts-td17356792.html
対話環境とスクリプト環境では挙動が変わるらしい

96872009/03/18(水) 19:56:06
MinGWでビルドできました。

>>88さんが仰っていたように、
<sys/wait.h>をコメントアウトして
Line:238辺りにある
 IONUMBER(WEXITSTATUS(exitStatus))

 IONUMBER( ( (exitStatus >> 8) & 0xff) )
と書き直したらいけました。

今更ですが、ありがとうございました。

97デフォルトの名無しさん2009/04/15(水) 00:08:59
ねーよw

98デフォルトの名無しさん2009/08/13(木) 08:04:09
96です。
久しぶりにgithubから最新取ってきてコンパイルしてみましたが、
>>96の問題は修正されていました。良かった。

しかし今度はアドオンが上手く動かせていません。
使っている方いましたら、動作具合を教えて頂けないでしょうか?

99デフォルトの名無しさん2009/12/01(火) 01:16:47
ろびー!

100デフォルトの名無しさん2009/12/16(水) 19:42:55
公式サイトが・・・
github行くといくつかあるんだけどどれがいいんだ?

101デフォルトの名無しさん2009/12/17(木) 00:30:10
>>100
公式がいいなら、公式のgithub。
最新版がいいなら、githubのnetworkタブクリックして日付が一番新しいそうなのをえらぶ

102デフォルトの名無しさん2009/12/17(木) 03:19:07
子供のおもちゃ?

103デフォルトの名無しさん2009/12/17(木) 16:56:56
>>101
今朝公式直ったみたいだな
公式から飛べるgithubで落とした
ありがとう

104デフォルトの名無しさん2009/12/17(木) 17:03:13
ちなみに落としたのはdownload押してmaster選んだやつ

105デフォルトの名無しさん2009/12/17(木) 18:52:37
余計なことは言わなくていい

106デフォルトの名無しさん2009/12/18(金) 12:42:50
セックスしたときに下の前の穴に入れた、なんて明示する必要ないよな

107デフォルトの名無しさん2009/12/18(金) 18:46:25
そんな小さいところに入るかよボケが

108デフォルトの名無しさん2010/01/08(金) 00:53:05
久しぶりにいじってみたんですが、いつのまにか、++ が実装できるようになっていますね。
call message previous が実装されていました。

Number ++ := method(
varname := call message previous name
now := call sender getSlot(varname)
if (now, call sender setSlot(varname, now + 1))
self
)

a := 1
a println # => 1
a ++ println # => 1 (後置なので返ってくるのは 1 !)
a println # => 2

(a++ + 456 / 3) println # => 154
a println # => 3

109デフォルトの名無しさん2010/04/17(土) 00:41:01
この言語はいったいどういう用途に向いてるの?

110デフォルトの名無しさん2010/05/30(日) 02:19:56
漏れら極悪非道のageブラザーズ!
今日もネタもないのにageてやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    age
 (・∀・∩)(∩・∀・)    age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J

111デフォルトの名無しさん2010/07/23(金) 12:30:29
githubに移行してる
stevedekorte's io at master - GitHub
http://github.com/stevedekorte/io

112デフォルトの名無しさん2011/01/06(木) 02:10:47

113デフォルトの名無しさん2011/03/11(金) 01:26:24.60
test

114天使 ◆uL5esZLBSE 2011/07/03(日) 21:16:44.71
>>108
ハアアァァアアアアアアアアアアアアアアア???
ゴミだな
うるさいゴミ

115デフォルトの名無しさん2011/08/08(月) 23:24:45.08

116デフォルトの名無しさん2011/08/09(火) 00:07:08.88
うへえ、翻訳出たのか
言語つまみぐい入門には最適だな

117デフォルトの名無しさん2011/08/09(火) 01:21:40.84
ためしに貼り付けてみたんだけど、このスレ、見てる人いるんですね。

ちなみに件の本は、言語のつまみ食いに慣れている人にとっては
既に味見済みの言語ばかりかと思いますが、まとめて復習出来るという点で良書です。
しっかり読んでも、流し読みでも楽しい本だと思います。
# まだ読み終えていませんが。

一方、そうでない人にとっては、つまみ食いというほどお手軽に読める本ではないかもしれません。
でもIoスレを見ているような人には不要な心配ですね。

118デフォルトの名無しさん2011/08/09(火) 20:30:47.22
うっほなんだこれ
こんな本出るんだ
買うしかねえ

119デフォルトの名無しさん2011/08/20(土) 08:46:07.96
その本からきま☆すた
Luaはもういいや^^

120デフォルトの名無しさん2011/08/20(土) 19:29:25.25
組み込み的にも言語的にもIoのほうがかなりいいと個人的に思ってる
致命的に流行ってないけど

121デフォルトの名無しさん2011/08/21(日) 07:02:58.90
>> 120

問題は、

(1) 実行速度の遅さ
(2) addon に必要なライブラリを含めた場合のビルドの面倒さ

にあるように思う

(1) に関しては、他VM上で動くIo実装やIoに影響を受けたとしている言語に期待
(2) に関しては、ポータビリティがひとつの売りなので本家では対応しないだろうから、これまた他実装に期待

122デフォルトの名無しさん2011/11/03(木) 16:15:25.77
よっこいしょ

123デフォルトの名無しさん2011/11/03(木) 17:41:04.67
最近はこの言語どうなの

124デフォルトの名無しさん2012/07/01(日) 14:23:51.92
いい言語だと思うんだがなあ

125デフォルトの名無しさん2012/08/09(木) 19:41:15.97
           _
           |
       ,、‐''''´ ̄ ̄``''''-、,
     /  \/      ::\
    /  \/\/     ::::::ヽ
    / \/\/\/    :::::::ヽ
    |ヽ/\・∀・ /\/   ::::::::|    アキラメロンテスト
    |./\/\/\/\   :::::::::|
    ヽ  \/\/\    :::::::::/
    ヽ /\/\    ::::::::::/
     \ /\    :::::::::::::::/
       `''-、、,,:::::::::::,,、、‐''´


126デフォルトの名無しさん2012/09/04(火) 17:26:30.16
Singletone := Object clone
Singleton clone := Singleton

とやってシングルトンプロトタイプを作る。
で、Singletonを継承した新しいプロトタイプを作る。

ExSingleton := Singleton clone

だめだ、頭がクラスベースになってる...orz

127デフォルトの名無しさん2012/09/10(月) 02:43:14.70
Singletonって今まで使う機会がなかったんだけど、
試しにPythonで書いてみようとしたら、意外と面倒。
IoのSingletonってシンプルでカコイイ!

128デフォルトの名無しさん2012/10/14(日) 02:13:02.73
ほす

129デフォルトの名無しさん2012/11/12(月) 01:45:12.89
              ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ
            | ●    ● |
          彡   (_●_)    ミ
           /、   |∪|    ,\   この鮭の切り身やるから帰れよ
          /.|     ヽノ    | ヽ
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´

130デフォルトの名無しさん2013/03/23(土) 17:18:18.85
まだおわらんよ

131デフォルトの名無しさん2014/01/05(日) 21:06:36.43
          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /

132デフォルトの名無しさん2014/08/27(水) 20:21:19.99ID:sI4/2wV1
何か動きはないかな?

133デフォルトの名無しさん2014/08/30(土) 18:21:50.11ID:b6PiuM0V
だれかコレをIoで書いてみて

Command = {};
Command.Do = function(){};
Command.UnDo = function(){};
Journal = {};
Journal.ReDo = function(){};
Journal.UnDo = function(){};
Journal.DoIt = function( aCommand )
{
 aCommand.Do();
 var unDo = this.unDo, reDo = this.ReDo;
 this.UnDo = function()
 {
  aCommand.UnDo();
  this.UnDo = unDo;
  this.ReDo = function()
  {
   aCommand.Do();
   this.ReDo = reDo;
  }
 }
}
ActiveJournal = Object.create( Journal );
HelloCommand = Object.create( Command );
HelloCommand.Do = function()
{
 WScript.StdOut.WriteLine( "Hello" );
}
ActiveJournal.DoIt( HelloCommand );
ActiveJournal.UnDo();
ActiveJournal.ReDo();

134デフォルトの名無しさん2015/07/06(月) 08:06:16.21ID:4KQhzWHv
7つの言語〜を読んで興味を持ったのですが、Ioの書籍はありますでしょうか?

135デフォルトの名無しさん2015/10/22(木) 21:11:26.41ID:Fsr7aN41
>>2
>>1がネタ振りできなくても残ってるじゃないか
デタラメ言いやがって
お前はろくになにもせず歳をとってしまったことだろう

136デフォルトの名無しさん2015/11/28(土) 16:49:28.42ID:jpi/hJbu
保守

137デフォルトの名無しさん2015/11/29(日) 03:52:42.56ID:KDiY7g/+
smalltalkあるいはjavascriptは、
プロトタイプベースのオブジェクト指向言語として、
似ていますでしょうか?
ioライクなインタプリタを作っていますが、ioの情報が少ないため、
他に参照できる情報がないか探していました。

138デフォルトの名無しさん2017/01/05(木) 15:39:39.05ID:4LtaZ0DL
保守

新着レスの表示
レスを投稿する