【QBASIC互換!?】FreeBasic【GPL】 2 [無断転載禁止]©2ch.net

0001デフォルトの名無しさん2016/12/24(土) 12:22:27.77 ID:CVYSyiU+
FreeBasic
ttp://www.freebasic.net/

建てたいって人がいたので勝手に建てた
後はご自由にどうぞ
俺は知らん
過去スレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/tech/1139379786/

0084デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 16:57:53.28 ID:hFztBwNz
http://madia.world.coocan.jp/vb/API/RegEnumKeyEx.htm
を見本に、サブキー取得ルーチンを作っていた。
>>82
egEnumKeyEx(hKey, IQQ, StrPtr(Moji), @Nagasa, 0, 0, 0, @File)の実行で、エラー234が発生している。
の原因がやっとわかった。
Nagasa = Len(Moji)
では、常に Nagasa = 0となる。
Const MojiLen As Long = 1024
Dim SubKeysNameBuffZString As ZString * MojiLen 'サブキー名が格納されるバッファ
と定義して
Nagasa = MojiLen
とする必要があった。

0085デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:03:39.05 ID:hFztBwNz
多分動くと思うけど、ライブ化のための整理前の状態でup
Public Function RegistrySubKeyList(RootKey as HKEY, TopSubKeyString As String, SubKeyNameString() As String, Ierror As Long) As Wata
'Subキーの名を列挙します
'http://madia.world.coocan.jp/vb/API/RegEnumKeyEx.htm

Dim hKey As HANDLE
Dim SubKeyZString As ZString * 1024
Dim SubKeyZStringPtr As LPCSTR
SubKeyZStringPtr = @SubKeyZString
Dim Jerror As Long

RegistrySubKeyList = 0

'RootKey = HKEY_LOCAL_MACHINE '(保守用)
'TopSubKeyString = "BCD00000000\Objects": '(保守用) 前後の「\」なし
'TopSubKeyString = "SYSTEM\CurrentControlSet\Services\xmlprov\Parameters\SchemaGroups\User"
'TopSubKeyString = "SYSTEM\CurrentControlSet"
'RootKey = HKEY_CURRENT_USER
'TopSubKeyString = "Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings"
If (TopSubKeyString = "") Then
'Ret = 234(バッファサイズの不足) 発生

0086デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:04:26.69 ID:hFztBwNz
ElseIf (Left$(TopSubKeyString, 1) = "\") Then
'Ret = 161(指定されたパスは無効です) 発生
Else
'Fun RegQueryInfoKey() 用変数
'Dim As DWORD ClassBuffSize 'クラス文字列バッファのサイズ (MS指示: 0を指定する)
Dim as DWORD SubKeysSU 'サブキーの数
Dim as DWORD SubKeysMaxLen 'サブキー名の最長の長さ
Dim as DWORD ClassMaxLen 'クラス文字列の最長の長さ
Dim as DWORD KeyNameSU 'レジストリエントリの数
Dim as DWORD KeyNameMaxLen 'レジストリエントリ名の最長の長さ
Dim as DWORD KeyValMaxLen 'レジストリエントリのデータの最長の長さ
Dim as DWORD SecurityLen 'セキュリティ記述子の長さ
Dim LastWriteTime As FILETIME '最後の書き込み時刻

SubKeyZString = TopSubKeyString
Dim SubKeyNameStringTSU as Long, SubKeyNameStringSU As Long
SubKeyNameStringTSU = 100
SubKeyNameStringSU = 0
Redim SubKeyNameString(SubKeyNameStringTSU)


Const MojiLen As Long = 1024
Dim IQQ as DWORD 'サブキーのインデックス番号
Dim SubKeysNameBuffZString As ZString * MojiLen 'サブキー名が格納されるバッファ
Dim SubKeysNameBuffSize As DWORD = MojiLen 'サブキー名バッファのサイズ
'Dim ClassBuff As ZString * MojiLen 'クラス文字列バッファ MS指定 0
'Dim ClassBuffSize as DWORD 'クラス文字列バッファのサイズ MS指定 0
Dim FileWriteTime As FILETIME '最終更新時刻

0087デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:09:40.55 ID:hFztBwNz
また引っかかった。。続きはそのうち

0088デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:11:40.75 ID:hFztBwNz
’以下の実行文が引っ掛かったみたい。全角にしてみた。
'バッファを確保する
  SubKeysNameBuffZString = ””: ’String(MojiLen, Chr(0))
  SubKeysNameBuffSize = MojiLen: ’Len(SubKeysNameBuffZString)

'キーをオープンしてハンドルを得る

0089デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:13:36.21 ID:hFztBwNz
Ierror = RegOpenKeyEx(RootKey, @SubKeyZString, 0, KEY_ALL_ACCESS, @hKey)


If (Ierror = ERROR_SUCCESS) Then
'MessageBox(TakaHWND,"Hello Open 成功","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
Jerror = RegQueryInfoKey(hKey, 0, 0, 0, @SubKeysSU, @SubKeysMaxLen, @ClassMaxLen, @KeyNameSU, @KeyNameMaxLen, @KeyValMaxLen, @SecurityLen, @LastWriteTime)
If (Jerror = ERROR_SUCCESS) Then

'MessageBox(TakaHWND,"Hello Info 成功","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)

'MessageBox(TakaHWND,"Hello SubKeysSU:"+Str$(SubKeysSU)+"SubKeys最大長さ"+Str$(SubKeysMaxLen)+")","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
'MessageBox(TakaHWND,"Hello 保存キー数"+str$(KeyNameSU) +"キー名最大長さ"+ Str$(KeyNameMaxLen) +"キー値最大長さ"+ Str$(KeyValMaxLen) +")","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
for IQQ = 0 To SubKeysSU -1
'サブキーを取得
SubKeysNameBuffSize = MojiLen
' 1 2 3 4 5 6 7 8
Jerror = RegEnumKeyEx(hKey, IQQ, @SubKeysNameBuffZString, @SubKeysNameBuffSize, 0, 0, 0, @FileWriteTime)

If (Jerror = ERROR_SUCCESS) Then
'MessageBox(TakaHWND,"Hello RegEnumKeyEx 成功("+SubKeysNameBuffZString+") Loop :"+Str$(IQQ),"Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)

0090デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:15:52.10 ID:hFztBwNz
>>89 本文が長すぎるというので、コメント行('declare function RegEnumValuなんたら)を消した。
以下の6行は、全角化している
          IF (SubKeyNameStringSU >= SubKeyNameStringTSU) then
            SubKeyNameStringTSU = SubKeyNameStringTSU + 20
            redim preserve SubKeyNameString(SubKeyNameStringTSU)
          End If
          SubKeyNameStringSU = SubKeyNameStringSU + 1
          SubKeyNameString(SubKeyNameStringSU) = SubKeysNameBuffZString

0091デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:16:40.54 ID:hFztBwNz
Else
'Jerror = 234(バッファサイズの不足) 発生
'MessageBox(TakaHWND,"Hello RegEnumKeyEx Err:"+Str$(Jerror )+"("+SubKeysNameBuffZString+")","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
'MessageBox(TakaHWND,"Hello RegEnumKeyEx Err:"+Str$(Jerror )+"("+Str$(Len(SubKeysNameBuffZString))+"," +Str$(SubKeysNameBuffSize)+")","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)

End If
'初期化する
SubKeysNameBuffZString = ""
SubKeysNameBuffSize = MojiLen: 'Len(SubKeysNameBuffZString)

Next IQQ
Else
'MessageBox(TakaHWND,"Hello RegQueryInfoKey Error."+Str$(Jerror),"Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
End If
'ハンドルを解放
RegCloseKey(hKey)
Else
'MessageBox(TakaHWND,"Hello RegOpenKeyEx Error."+Str$(Ierror),"Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
End If
End If
End Function

0092デフォルトの名無しさん2017/02/19(日) 17:28:43.40 ID:hFztBwNz
こんなところ。使いたい人は適当に使って。

内容の読み書き、サブキー名とキー名の取得、
の4ルーチンがあれば、中身を読み取って何とかできると思われる。

>>82のUserAgentのように
途中がちょっと違って、前後が同じパスのレジストリーのデータを読む場合のように、
サブキーを取得して、(値が保存されていることを前提に)適当に読み取るというルーチンを作成できれば
ユーザー名全員の取得が可能となる。

Htmlファイル作成ルーチンの、<META>タグに著者名を指定する場合がある
このときに、著者名を誰で登録するか、の選択をするときぐらいしか使わない。

0093デフォルトの名無しさん2017/02/21(火) 20:41:01.96 ID:qjaAIYLo
'C:\tool\FreeBASIC\inc\win\secext.bi 内指定値
'declare function GetUserNameExA(byval NameFormat as EXTENDED_NAME_FORMAT, byval lpNameBuffer as LPSTR, byval nSize as PULONG) as WINBOOLEAN
'declare function GetUserNameExW(byval NameFormat as EXTENDED_NAME_FORMAT, byval lpNameBuffer as LPWSTR, byval nSize as PULONG) as WINBOOLEAN
'type EXTENDED_NAME_FORMAT as long
'enum
'(中略)
'end enum
'type PEXTENDED_NAME_FORMAT as EXTENDED_NAME_FORMAT ptr

に関係して、
'#Include Once "win/secext.bi"
指定以外の#Include文が必要らしく、コンパイラーが通らない。型宣言が
'#Include Once "win/bcrypt.bi"
'#Include Once "win/ntdef.bi"
に同一な宣言があるけど、どっちを使ってよいものかわからない。どちらか入れてもコンパイルエラーになる。
したがって、GetUserNameEx()が使えない。
部分切り出しという手法もある。

0094デフォルトの名無しさん2017/02/22(水) 20:16:58.92 ID:XWdhAgf/
>>93 つづき
'#Include Once "win/wincrypt.bi"
'#Include Once "win/security.bi"
'の2行が必要と判明した。

0095デフォルトの名無しさん2017/02/22(水) 20:22:40.74 ID:XWdhAgf/
declare function SHGetKnownFolderPath(byval rfid as const KNOWNFOLDERID const ptr, byval dwFlags as DWORD, byval hToken as HANDLE, byval ppszPath as PWSTR ptr) as HRESULT
の解読中。

0096デフォルトの名無しさん2017/02/22(水) 21:44:37.32 ID:XWdhAgf/
>>95 つづき
#if _WIN32_WINNT = &h0602
の時のみ使えるシステムコールルーチンで、Win10では使えない模様。
よって、開発中止。

0097デフォルトの名無しさん2017/02/24(金) 20:17:50.91 ID:FAsTtcI2
>>96 つづき
何か関係ありそうな内容を探していたら
http://qiita.com/hkuno/items/7b8daa37d9b68e390d7e
という一覧表を見つけた。

バージョンの取得は
http://www.4d.com/jp/blog/get-windows-version.html
参照。
GetFileVersionInfo システムコールは現時点で理解できない。
MSReturnCode = GetVersionExA(@udtOSVersionInfo)
関係情報がMSサイトから消えたので、こちらからの取得はあきらめるしかない模様。
使っていたのが、Win95 → Win2000 に伴うレジストリーの構造の変化だけだったので
NetからWin8を持たないで、Win 10 だけ考えるなら、なくても何とかなりそう。

レジストリエディターで、値をダンプして、検索をかけようとした。
LineInput で読み取ったらば、半角英数として解釈できなかった。
つまり、Shift-JIS コードではなく、Uniコードだった。

0098デフォルトの名無しさん2017/02/25(土) 21:16:18.91 ID:r1nrT1Dg
>>97 つづき。レジストリーのダンプリスト関係。
Const InFile1String = "D:\bas\Projects\Kako02\0RegData\1111.reg.txt"
の調子で入力ファイル5つを昨年(2016.09)に作成した。
レジストリー操作がよくわからなくて放置していたが、Read, Write, SubKey検索, Key検索の4ルーチンが入手できたことから、放置していた、データの収集関係を始めることとした。
が、データが膨大で260MB位ある。初期には
エディタで読み取って、検索
検索ソフトで検索
なんてやっていたが、内容によっては膨大な数の入力定数の設定があり、結構間違いが多数発生した。
というわけで、自動化。キー名、キー値、サブキー名で検索して、一覧表を作成、一覧表から読み取りルーチンを作成するようにした。
Dim As String RegPathString, KeyNameString, KeyValString

'Input File No. 0
(略)
'Input File No. 3 D:\bas\Projects\Kako02\0RegData\3333.reg.txt
(略)
RegPathString = "SOFTWARE\Microsoft\Windows Search\Gathering Manager"
KeyNameString = "UserAgent"
KeyValString = RegistryRead02String(HKEY_LOCAL_MACHINE, RegPathString, KeyNameString)
'KeyValString = "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT; MS Search 4.0 Robot)"
'Input File No. 4 D:\bas\Projects\Kako02\0RegData\4444.reg.txt
(略)
てな調子で読み取りルーチンが作成されるソフトを作成した。

0099デフォルトの名無しさん2017/02/26(日) 13:08:20.87 ID:K90trdCC
>>98
つづき。こんなのも作った。
Dim As String TopSubKeyString, BottomSubKeyString, SubKeyNameString()
Dim Ierror As Long

'Input File No. 3 D:\bas\Projects\Kako02\0RegData\3333.reg.txt

' RegPathString = "SOFTWARE\Microsoft\Advanced INF Setup\IE40.UserAgent\RegBackup"
TopSubKeyString = "SOFTWARE\Microsoft\Advanced INF Setup"
BottomSubKeyString = "\RegBackup"
TakaDammyReturnCode = ReadSubKeyList0(HKEY_LOCAL_MACHINE, TopSubKeyString, SubKeyNameString(), Ierror)
' SubKeyNameString(3) = ["IE CompList", "IE.HKCUZoneInfo", "IE40.UserAgent"]
'**********************\(ちょっと違う)\*******************
というサブキー内にちょっと内容が異なる値が保存されている場合を想定。
UserNameの取得で、導入したユーザー名をかき集めるための物。
(ちょっと違う)ところをSubキーとして検索(Function ReadSubKeyList0(なんたら))して、フルスペルを取得。
個別に各キーの値を取得するための、Subキー一覧を作成するための物

0100デフォルトの名無しさん2017/02/26(日) 13:18:03.93 ID:K90trdCC
作成したソフトの中身を眺めた範囲では、
Open InFileString For Input Encoding "utf-16" As #InFileNo
While - Wend で回して、先頭1文字又は先頭3文字で作業内容を決定
一番最初の[]内でルートキーを取得し
その後は[でサブキー名、"や@でキー名、=がない場合にはキー値の追記行として処理
だから、そんな難しいルーチンではないと思う。
サブキー、キー名、キー値の3つがそろったところ、つまり、サブキーの先頭行か、キー名の先頭行で検索する

0101デフォルトの名無しさん2017/02/26(日) 13:25:38.25 ID:K90trdCC
>>98
'KeyValString = "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT; MS Search 4.0 Robot)"
>>99
' SubKeyNameString(3) = ["IE CompList", "IE.HKCUZoneInfo", "IE40.UserAgent"]
は、キー値取得のための各値を定義して、実際に取得したもの。
2016.09に作成したダンプリストのために、現在の内容とは異なっている場合があるから、取得した。
もっとも、Subキーのリストが10000超えた場合もあったのはあせった。
10分ぐらい終了しなかったので、ハングしたのかな、と強制停止の処理を始めたら、終了した。

MSやその他法人が保存しているレジストリーの内容から、ユーザーとしてソフトを動かすために必要な情報を取得できるけれども、
何を使用するか、何を使用しないか、の取捨選択が迫られる。
分量の多さゆえに、このような検索ソフトを作成した。

0102デフォルトの名無しさん2017/02/27(月) 21:49:00.13 ID:GlE4NLGI
Taka06.BAs 内処理として、Disp08.fbp 等のExepath + "\*.fbp"ファイルを読み取って
[File] セクション内 1001=..\Kako02\Mod\Taka01.bas 等の内容を読み取って、

TakaHWND =hWin
TakaDammyReturnCode7 = Taka06_CommonStringSet(TakaHWND)
等の、各モジュールに hWin の内容を通知するルーチンを書き並べたファイル(Taka06HWND.BI)の作成に成功した。
今まで、いちいちどのモジュールが関係しているのかを調べて手作業で行っていたが、
#Include "Taka06HWND.BI"
1文に置き換えることに成功した。

0103デフォルトの名無しさん2017/03/04(土) 19:20:41.20 ID:MZsCuszb
'declare function LCMapStringA (byval Locale as LCID, byval dwMapFlags as DWORD, byval lpSrcStr as LPCSTR, byval cchSrc as long, byval lpDestStr as LPSTR, byval cchDest as long) as long
関係。宣言は
Const MaxStringLen = 1025
Dim dwMapFlags as DWORD
Dim AZstring As ZString * MaxStringLen
Dim BZstring As ZString * MaxStringLen
Dim cchSrc as Long, cchDest as Long
Dim As Long IAA, IBB, SetFigLong()
Dim As BOOLEAN ABool, BBool, DBool
実行部は
AZstring = iAstring
cchSrc = Len(AZstring)
cchDest = MaxStringLen
IAA = LCMapString(LOCALE_USER_DEFAULT, dwMapFlags, @AZstring, cchSrc, @BZstring, cchDest)
TakaComvString = BZstring
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc448052.aspx の日本語文が難解だから気を付けてほしい。

0104デフォルトの名無しさん2017/03/04(土) 19:23:36.71 ID:MZsCuszb
declare function CompareString alias "CompareStringA"(byval Locale as LCID, byval dwCmpFlags as DWORD, byval lpString1 as PCNZCH, byval cchCount1 as long, byval lpString2 as PCNZCH, byval cchCount2 as long) as long
関係。宣言は、
Const MaxStringLen = 1025
Const MaxStringLenN1 = MaxStringLen - 1
Dim dwCmpFlags as DWORD
Dim AZstring As ZString * MaxStringLen
Dim BZstring As ZString * MaxStringLen
Dim As Long IAA, IBB
実行部は
IAA = CompareString(LOCALE_USER_DEFAULT, dwCmpFlags, @AZstring, -1,@BZstring, -1)
参考は
http://www.s34.co.jp/cpptechdoc/article/comparestring/

以上2つともコンパイラーむが通っただけ。
中身のチェックなどはしていない。

0105デフォルトの名無しさん2017/03/05(日) 10:25:39.08 ID:rfEgkW/x
DBSC、QBでは、INT21 - 53(非公開、MS-DOSの東アジア向けバージョンにのみ搭載)だったかな、で取得できる ASCZZ文字列の取得方法がわかった。
宣言は
Dim CodePageInfo1 as _cpinfo
Dim CodePageInfo2 as _cpinfoexA
Dim dwFlags as DWORD
Dim Astring As String, Bstring As String
Dim As Long IAA
実行部は
MSReturnCode = GetCPInfo(CP_ACP, @CodePageInfo1)
MSReturnCode = GetCPInfo(CP_MACCP, @CodePageInfo1)
MSReturnCode=GetCPInfo(CP_OEMCP,@CodePageInfo1)
MSReturnCode = GetCPInfoEx(CP_ACP, dwFlags, @CodePageInfo2)
MSReturnCode=GetCPInfoEx(CP_MACCP,dwFlags,@CodePageInfo2)
MSReturnCode = GetCPInfoEx(CP_OEMCP, dwFlags, @CodePageInfo2)
参考は
'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc422078.aspx
'declare function GetCPInfo(byval CodePage as UINT, byval lpCPInfo as LPCPINFO) as WINBOOL
'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc422080.aspx
'declare function GetCPInfoExA(byval CodePage as UINT, byval dwFlags as DWORD, byval lpCPInfoEx as LPCPINFOEXA) as WINBOOL

0106デフォルトの名無しさん2017/03/05(日) 10:36:36.80 ID:rfEgkW/x
.LeadByte()に、ASCZZ文字のASCダンプでDBCSが入っている。
dwFlags は、MSの指示で0を指定する。
CP_ACP等は、MSを参照。
その他関係システムコールは
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/dd317794%28v=vs.85%29.aspx
の後ろの方、「Your applications use DBCS Windows」以下参照。

0107デフォルトの名無しさん2017/03/05(日) 10:44:56.24 ID:rfEgkW/x
https://ja.wikipedia.org/wiki/MS-DOS
に「アジアバージョン」とかかれているのがDBCSをさぽとーしたMS-DOS。
英語版を無理に使うと日本語ファイる名がディレクトリーになったりして、散々な目にあった方々がいた。

0108デフォルトの名無しさん2017/03/08(水) 20:31:55.47 ID:Wan8ns7S
ついに、サブルーチンの移植総数が1000個を超えた。
大域サブルーチン 901個、局所サブルーチン 99個、作成中 3個。
Overload も全体で114個、27種類のルーチン名でまとめた。
引数の型違いのルーチンが増えれば、より多くなるだろう。

http://makoto-watanabe.main.jp/freebasic/CatPgString.html
で、KLEN、KMIDの2つしかないので、いろいろ作成中。
Dim CodePage as UINT
Dim As Long IAA, IBB, InALong
Dim TestChar as UBYTE

'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc448045.aspx
'declare function IsDBCSLeadByte(byval TestChar as UBYTE) as WINBOOL
'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc448047.aspx
'declare function IsDBCSLeadByteEx(byval CodePage as UINT, byval TestChar as UBYTE) as WINBOOL

For IAA = 1 To InALong
TestChar = asc(Mid$(InAstring, IAA, 1))
IBB = IsDBCSLeadByte(TestChar)
If (IBB = 0) Then
Else
EndIf
Next IAA
又は
IBB = IsDBCSLeadByteEx(CodePage, TestChar)
で振り回して、先頭から処理していけば比較的簡単に作れるだろう。

0109デフォルトの名無しさん2017/03/08(水) 20:35:59.45 ID:Wan8ns7S
ただし、Right$()は
If (IBB = 0) Then
StateLong(IAA) = 0
Else
StateLong(IAA) = 1
IAA = IAA + 1
StateLong(IAA) = 2
EndIf
と、SBCS(0)かDBCS(1文字目が1, 2文字目が2)と記録して
後ろから文字数を数える必要がある。
Instr() は手を付けていない。
ASC1文字検索の時だけDBCS2文字目の場合にはねるだけだから、比較的簡単に作れると思う。

0110デフォルトの名無しさん2017/03/11(土) 09:33:14.20 ID:U4jxaOIA
http://makoto-watanabe.main.jp/program.html#binary_editor
に紹介のあった Stirling の実行形式のパスを取得するルーチンを作成した。
宣言は
Dim RootKey as HKEY
Dim As string SubKeyString, kNameString
Dim As string AAString, BBString, CCString, FileString
Dim FileTypeString as String
TakaDammyReturnCode = RegistryRead01(RootKey, SubKeyString, kNameString, AAString)
でレジストリーを読み取って、管理ファイル名(たぶん)から実行形式に変換
TakaDammyReturnCode = FileTypeCat(AAString, FileTypeString, 0): 'AAString から識別子(.以降)を取り除く
StirlingPathString = AAString + ".exe"
'使用例
'BinLineString = StirlingPathString(0&)
'If (Len(BinLineString) > 0&) Then TakaDammyReturnCode = Exec(BinLineString, FileString): '同期する
関数名などは省略。

0111デフォルトの名無しさん2017/03/11(土) 09:55:02.25 ID:U4jxaOIA
Function RegistryRead01() は、旧 Fun GetRkey01() の名称を書き換えたもの。
旧 Fun GetRkey01()は、前スレを探してくれ。

>>109 つづき。
Instr() を作ろうとして、整理していったらば、
StateLong() 配列の解釈に間違いがあったことまでつかんだ。

気がめいったので一時中止。Instr( start, str, substring )
のstartの値、strや substringの長さより、場合分けが必要で
混乱に混乱を重ねて、一括ダンプルーチンを2回作り直した時点で、気がめいった。
StateLong() 配列作成の時点で場合分け用値を定義するか、返した値から定義するか、で迷っている。

ここにMID$()関数の問題が入った。
Mid$(A$, 10, -5)なんて使い方用のルーチンもあったのよ。
これは、N88を使いだす前、A$が255文字制限のあったころ、ペット用Basicを使っていたころの名残。
忘れていたわ、こんなルーチンを作っていたなんて。

0112デフォルトの名無しさん2017/03/12(日) 18:13:41.20 ID:a1qa7agM
以前書いた、BEEP系の内容の続き。
Win系関係ルーチンで発見できたものを記載する。
'declare 文は、C:\tool\FreeBASIC 内 *.BIファイルを検索してくれ。
大域宣言
#Include Once "win/mmsystem.bi"
Dim Shared MSerrorCodeMM as MMRESULT : 'MS音声処理関係処理のリターンコード

'declare function Beep_ alias "Beep"(byval dwFreq as DWORD, byval dwDuration as DWORD) as WINBOOL
MSReturnCode = Beep_(Frequency, BeepTime) : '命令語
'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428923.aspx

'https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc429002.aspx
'Declare function MessageBeep(byval uType as UINT) as WINBOOL
MSReturnCode = MessageBeep(-1)
MSReturnCode =MessageBeep(MB_ICONASTERISK)
MSReturnCode = MessageBeep(MB_ICONEXCLAMATION)
MSReturnCode= MessageBeep(MB_ICONHAND)
MSReturnCode = MessageBeep(MB_ICONQUESTION)
MSReturnCode =MessageBeep(MB_OK)

0113デフォルトの名無しさん2017/03/12(日) 18:17:37.48 ID:a1qa7agM
'http://park7.wakwak.com/~efc21/cgi-bin/exqalounge.cgi?print+200707/07070177.txt
にあったMIDI利用 BEEP は何とか成功した。

Dim lngmidHndVal As HMIDIOUT__
Dim lngmidHndPtr As HMIDIOUT
Dim lngmidHndPtrPtr As LPHMIDIOUT
で宣言して、
'declare function midiOutOpen(byval phmo as LPHMIDIOUT, byval uDeviceID as UINT, byval dwCallback as DWORD_PTR, byval dwInstance as DWORD_PTR, byval fdwOpen as DWORD) as MMRESULT
MSerrorCodeMM = midiOutOpen(@lngmidHndPtr, MIDI_MAPPER, 0, 0, CALLBACK_NULL)
If (MSerrorCodeMM = MMSYSERR_NOERROR) Then BeepMidiOut (lngmidHndPtr, MdiMsg)
Sleep mTime
midiOutClose (lngmidHndPtr)
とならす。

Private Function BeepMidiOut(lngmidHndPtr As HMIDIOUT, DataString As String) As Wata
Dim MLMsg() As Byte
Dim As Long IAA, IBB
Dim lpMidiOutHdr As MIDIHDR
と、宣言して、
ReDim MLMsg(0& To Len(DataString) \ 2& - 1&)
For IAA = 1& To Len(DataString) Step 2&
MLMsg((IAA - 1&) \ 2&) = Val("&H" & Mid(DataString, IAA, 2&))
Next
lpMidiOutHdr.lpData = VarPtr(MLMsg(0))
lpMidiOutHdr.dwBufferLength = UBound(MLMsg) + 1&
lpMidiOutHdr.dwFlags = 0&
'declare function midiOutPrepareHeader(byval hmo as HMIDIOUT, byval pmh as LPMIDIHDR, byval cbmh as UINT) as MMRESULT
MSerrorCodeMM = midiOutPrepareHeader (lngmidHndPtr, @lpMidiOutHdr, Len(lpMidiOutHdr))
'declare function midiOutLongMsg(byval hmo as HMIDIOUT, byval pmh as LPMIDIHDR, byval cbmh as UINT) as MMRESULT
MSerrorCodeMM = midiOutLongMsg (lngmidHndPtr, @lpMidiOutHdr, Len(lpMidiOutHdr))
と鳴らす。

0114デフォルトの名無しさん2017/03/12(日) 18:21:32.40 ID:a1qa7agM
音が聞こえなかったのは、Sleep mTime の解釈が原因だと思う。
BeepMidi("02", "60", 2000)
'BeepMidi("57", "60", 2000) 'C7:2093Hz
のように、演奏時間を2000としたら、何秒か聞こえた。
遅延が、2-3秒ぐらいあり、その期間無答となるので、ゲームサウンドには使えない。

0115デフォルトの名無しさん2017/03/12(日) 19:21:01.74 ID:a1qa7agM
さっぱりわからんけど
https://blogs.windows.com/buildingapps/2016/09/21/midi-enhancements-in-windows-10/#HWygA7trSYw9sboJ.97
なんてものを見つけた。
Windows 10でMIDIを強化するというが、2秒ぐらいの遅延が発生していることからみれば
対応を取らなければ、MIDI関係ルーチンが使い物にならないわけで
主要用途である、ゲームのバックグラウンドサウンドにうまく適応で切るような、低負荷ルーチンの存在が必要となってくる。
Win 10では、1/4を超えるCPU占有をTSSで他のタスクに割り振るために認めていない。
より負荷を軽くすることが要求される。
しかし、負荷を軽くする内容については記載がない。

0116デフォルトの名無しさん2017/03/12(日) 19:38:38.32 ID:a1qa7agM
いくらやっても見つからないと思ったらば、こんなの見つけた。
https://www.slideshare.net/garicchi/windows10api
37. バックグラウンドタスク
38. BackgroundTask • UWPは基本的にアプリを閉じるとタスクを実行できなくなる • BackgroundTaskに登録しておくとTriggerが発動したときに別
のプロセスとして処理を実行できる App System System Trigger BackgroundTask 別プロセス BackgroundTask登録
39. Background Task Triggerの例 • Time Trigger • 一定時間でTaskを実行 • 最短15分間隔 • System Trigger • システムのあらゆるイベント時にTask実行
• 例 Internet Available , Power State Changed • Push Notification Trigger • プッシュ通知が来た時にTask実行

MIDI 再生専用のタスクを作って、何かしかの指示を送って実行、
という処理が必要なのかな?。

0117デフォルトの名無しさん2017/03/13(月) 22:50:24.29 ID:71lamdyx
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-064067-1.html
機会があったらば読んでほしいのだけれども。

細かい計算や理論は除外して、
SALSの運用の話を見てほしい。

全部のソースリストが記載されているものがあって、
記載内容を修正した後でソースリスト(2万枚のパンチカード?)を修正する
という旨の内容が書いてあったはず。
いつ、どのような修正をしたのか、修正の前後の内容を保存している
ということをしないと、障害の巣窟になってしまう、なんて内容が書いてあったはず。

これは、デカコンを使っていたころ読んだ本なので、手元にない。版元では品切 の模様。
どこが、どのようにおかしいから、どのように変更した、
ことを記載しておくこと。
現実としては、作業記録として専用に作るのは面倒だから、
ライブを定期的に、あるいは大規模な修正を行う前に、一括して圧縮保存。
修正作業に入って、修正した日時と修正の原因をコメント行としてソースに残しておく、
ということで、済ましている。

FreeBasicの癖がよくわからないので、>>111 の様な事をやっていて、
本格的な移植作業には入っていない。
ライブの移植が終わるころには、癖がつかめてくるのではないかと思われる。

0118デフォルトの名無しさん2017/03/13(月) 22:59:35.57 ID:71lamdyx
MIDIファイル再生に関して、こんなものを見つけた。
http://officetanaka.net/excel/vba/tips/tips22.htm
以下のファイルが関係している。
C:\tool\FreeBASIC\inc\win\mmsystem.bi
C:\tool\FreeBASIC\inc\win\ddk\mmddk.bi
ここまでしかやっていない。

0119デフォルトの名無しさん2017/03/13(月) 23:49:42.95 ID:71lamdyx
>>114 こんなの見つけたので知らせておく
http://www.cactussoft.co.jp/Sarbo/divMIDISeqLongMsg.html
そのためmidiOutLongMsg()関数は、非同期式で動作する仕様になっています。
非同期式とは、関数が実行された段階でデバイスドライバーは、
「はい、ロングメッセージの送信ですね、受け付けました。」と言うだけで制御を戻します。

と待ち時間に関係なしに制御が戻って、勝手に演奏してくれないと、パックグラウンド゜サウンドに使えない。

ズンチャカやっていて、それ以外の処理系が止まってしまうのは、使えない。

0120デフォルトの名無しさん2017/03/14(火) 22:02:38.43 ID:1/oLMu3p
>>118 非同期の起動に成功した。
http://eternalwindows .jp/winmm/mci/mci02.html
http://www13.plala .or.jp/kymats/study/MULTIMEDIA/mciCommand_callback.html
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc410496.aspx

0121デフォルトの名無しさん2017/03/14(火) 22:03:19.95 ID:1/oLMu3p
Case MM_MCINOTIFY
'「MM_MCINOTIFY」定数を使うには 要 #Include Once "win/mmsystem.bi"
Astring = "MM_MCINOTIFY "+ Hex$(wParam) + " " + Hex$(lParam)
TakaDammyReturnCode = SoundFilePlay(10, Astring)
buff = Astring
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)
'wParam = (WPARAM) wFlags
'lParam = (LONG) lDevID

0122デフォルトの名無しさん2017/03/14(火) 22:06:03.27 ID:1/oLMu3p
あと
CmdZString ="Open " & SoundFile+" notify"
MSerrorCodeMI= mciSendString(CmdZString, @CmdRetZString, SizeOf(CmdRetZString), TakaHWND)
buff ="Openを開始します"
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)
Case IDC_BTN3
CmdZString= "Play "&SoundFile + " notify"
MSerrorCodeMI =mciSendString(CmdZString,@CmdRetZString, SizeOf(CmdRetZString), TakaHWND)
buff= "Playを開始します"
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)
Case IDC_BTN4
CmdZString ="Close " & SoundFile+" notify"
MSerrorCodeMI= mciSendString(CmdZString, @CmdRetZString,SizeOf(CmdRetZString), TakaHWND)
buff ="Closeを開始します"
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)

0123デフォルトの名無しさん2017/04/09(日) 21:36:39.17 ID:LdLCQwyT
Test

0124デフォルトの名無しさん2017/04/09(日) 21:43:21.61 ID:LdLCQwyT
>>122 のあと、マンゴーがなにんとかで、かけなくなって放置。
気が付いた点で関係情報を
外部タスクの同期起動は、Shell 等がある。
保守関係で、被同期にしたいので探して見つかったのが
'declare function WinExec(byval lpCmdLine as LPCSTR, byval uCmdShow as UINT) as UINT
'MSReturnCodeUINT = WinExec(byval "notepad", SW_SHOW)
とか
MSReturnCodeUINT = WinExec(byval "notepad "+OutFile, SW_SHOW)
これは、MSが切り替えを予定している。それで
'declare function CreateProcessA(byval lpApplicationName as LPCSTR, byval lpCommandLine as LPSTR,
byval lpProcessAttributes as LPSECURITY_ATTRIBUTES, byval lpThreadAttributes as LPSECURITY_ATTRIBUTES,
byval bInheritHandles as WINBOOL, byval dwCreationFlags as DWORD,
byval lpEnvironment as LPVOID, byval lpCurrentDirectory as LPCSTR, byval lpStartupInfo as LPSTARTUPINFOA,
byval lpProcessInformation as LPPROCESS_INFORMATION) as WINBOOL
Dim pi As _PROCESS_INFORMATION
Dim PiPtr as LPPROCESS_INFORMATION
dim si as _STARTUPINFOA
Dim SiPtr as LPSTARTUPINFOA
Dim As Zstring * 256 szCmd = "notepad "+OutFile

PiPtr = @pi
SiPtr = @si
memset(@si, 0, sizeof(STARTUPINFO))
memset(@pi, 0, sizeof(PROCESS_INFORMATION))
si.cb = sizeof(STARTUPINFO)
' 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
MSReturnCode = CreateProcess(NULL, szCmd, NULL, NULL, FALSE, NORMAL_PRIORITY_CLASS, NULL, NULL, @Si, @pi)

0125デフォルトの名無しさん2017/04/09(日) 21:48:26.55 ID:LdLCQwyT
タイマー割り込み処理。
Case IDC_BTN1
buff = "IDC_BTN1を開始します"
'declare function SetTimer(byval hWnd as HWND, byval nIDEvent as UINT_PTR, byval uElapse as UINT, byval lpTimerFunc as TIMERPROC) as UINT_PTR
SetTimer(hwnd, 1, 2000, NULL)
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)

で起動して
case WM_TIMER
'
buff = "WM_TIMER が発生しました"
SetDlgItemText(hWin, IDC_STC1, @buff)
Case WM_SIZE
と「WM_TIMER」事象発生を受けて、かン系ルーチンを起動する

0126デフォルトの名無しさん2017/04/09(日) 22:09:11.11 ID:LdLCQwyT
V.B.用に作ったタートル関係、FreeBasicでは関係命令が存在するだが、
変な拡張をしたがために、廃止できない状態に。
うまく動かないと思ったらば、ByRef, ByValの関係で、出力値に常に0が定義されていた。

(なんたら)=(かんたら)のなんたら部のみを検索するルーチンを作って、
Function文から引数名を引き抜くルーチンを作って、比較。
1ファイル平均3引数程度、ByRefをしなければならない場所がByValになっていた。
短期即興のルーチンだから解釈できない引数が800近くある。
ルーチン数でも同じくらいだから、引数の関係した未発見のエラーが多いと思われる。
タートル関係のルーチンが増えて、現在1170ルーチンのライブラリーとなっている。

0127デフォルトの名無しさん2017/04/09(日) 22:26:03.33 ID:LdLCQwyT
ファミコン等、かなり古いゲームでは8*8文字とか使っている。
それ前だと、ニキシー管 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%BC%E7%AE%A1
を使ったスロットマシーンとかもある。

V.B.でこれを再現しようとした名残で、7セグとか14セグ、16セクとか
https://ja.wikipedia.org/wiki/7%E3%82%BB%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4
の文字表示ルーチンがある。
結果として、V.B.用のタートルが捨てられない。

0128デフォルトの名無しさん2017/04/13(木) 21:48:58.87 ID:CzF9QVAq
ByRef, ByVal 接頭語に関して。
サブルーチン内で定義する方法をLet文、具体的には「=」記号のみに限定する
という方法を選択して、
引数の変数を示す語をInstrで探して、
前が数字とアルファベット以外・又は文頭、後ろが数字とアルファベット以外、の場合に、変数を参照していると解釈する。
Open、For、Dim、ReDim、Select Case、IF、DO、LOOP、WHILE、Untilの場合には専用にルーチンで語の一致をみて、参照する場合と決定
IF THEN ELSE 文は、IF - Then 間、THen-Else間、ELSE移行の3文に分割
変数の前の文字を 「# : , ( 算術演算子」の場合に分けて
変数の後ろの文字を 「: , ) 算術演算子」の場合に分けて
「,」や「()」の場合には、前後の()を探して、配列名か関数名を特定。Declear文に記載がある場合に限って関数と解釈、ない場合が配列と解釈。
関数の場合には、自己の検査結果より引数が定義にしているか参照しているを調べる。配列名の場合には参照すると決定(MSやUnix系関数は判断できない)。
算術演算子の場合には参照と決定。
前に「#」があるばあいには、参照と決定。
前に「=」があるばあいには、参照と決定。
後ろに「=」があるばあいには、定義と決定。
多文字演算子として、MOD 演算子は + に書き換えで処理。

までやって、100位解釈できない引数があるけど、なんとかそれらしきものができた。
あとちょっとやれば、ByRef ByVal ガ原因の混乱は終焉すると思う。

0129デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 11:39:21.57 ID:e+ro1QoX
>>122 のあとのマンゴー関係で書けなかった内容。
画面中にある表示枠情報。
Dim CmWndpl As WINDOWPLACEMENT
CmWndpl.length = sizeof(CmWndpl): 'MS指示、参照前に定義のこと
MSReturnCode = GetWindowPlacement(hWnd, @CmWndpl)
で取得、
MSReturnCode = SetWindowPlacement(hWnd, @CmWndpl)
で復元。

'使用TVの物理サイズの取得
Dim R As RECT
Dim as HWND hWnd
hWnd = GetDesktopWindow()
MSReturnCode = GetWindowRect(hWnd, @R): 'スクリーン座標の取得

'タスクバーの位置と大きさを返す
Dim TaskBerInfo As _AppBarData
'(大域) Dim MSReturnCodeUintPtr as UINT_PTR
ZeroMemory(@TaskBerInfo, sizeof(TaskBerInfo)) : '(MS指定) 「TaskBerInfo」領域内を0で塗りつぶす
TaskBerInfo.cbSize = sizeof(TaskBerInfo): '(MS指定) 初期化、領域の大きさを定義
'declare function SHAppBarMessage(byval dwMessage as DWORD, byval pData as PAPPBARDATA) as UINT_PTR
MSReturnCodeUintPtr = SHAppBarMessage(ABM_GETTASKBARPOS, @TaskBerInfo)
リターンコードが「UINT_PTR」という使用頻度の低い型を使っていることに注意。

0130デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 11:46:28.47 ID:e+ro1QoX
'システム枠の幅と高さの取得
'declare function GetSystemMetrics(byval nIndex as long) as long
Select Case ActionType
Case SM_CXSCREEN, SM_CYSCREEN
'0, 1 'プライマリモニタの画面全体の幅と高さを取得します。
WideLong = GetSystemMetrics(SM_CXSCREEN)
HightLong = GetSystemMetrics(SM_CYSCREEN)
Case SM_CXVSCROLL, SM_CYHSCROLL
'2, 3 垂直スクロールバーの幅、または垂直スクロールバーの矢印の高さをピクセル単位で取得します。
WideLong = GetSystemMetrics(SM_CXVSCROLL)
HightLong = GetSystemMetrics(SM_CYHSCROLL)
'const SM_CYCAPTION = 4 ''通常のタイトルバーの高さをピクセル単位で取得します。
Case SM_CXBORDER, SM_CYBORDER
'5, 6 立体効果のないウィンドウの境界の幅と高さを取得します。
WideLong = GetSystemMetrics(SM_CXBORDER)
HightLong = GetSystemMetrics(SM_CYBORDER)
Case SM_CXDLGFRAME, SM_CYDLGFRAME
'7,8 'タイトルバーがあり、サイズが変更できないウィンドウの周囲を囲む枠の幅と高さをピクセル単位で取得します。
WideLong = GetSystemMetrics(SM_CXDLGFRAME)
HightLong = GetSystemMetrics(SM_CYDLGFRAME)
以下略。「GetSystemMetrics」関係がやたら沢山あって下手に書くとマンゴーに引っかかりそうなので一部分だけ。
Case SM_CXVIRTUALSCREEN, SM_CYVIRTUALSCREEN
'78, 79 仮想画面の幅と高さをピクセル単位で取得します。
WideLong = GetSystemMetrics(SM_CXVIRTUALSCREEN)
HightLong = GetSystemMetrics(SM_CYVIRTUALSCREEN)
と、40組ぐらいある。
'const SM_CXFOCUSBORDER = 83
から
'const SM_CMETRICS = 97
まで、Win系BIファイル('C:\tool\FreeBASIC\inc\win\winbase.bi)には記載があるが、内容が検索では見つけられなかった定数がある。

0131デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 11:51:10.66 ID:e+ro1QoX
'表示枠全体, 表示枠使用可能範囲、最大表示可能枠の取得
Dim MainWaku as tagRECT
Case 1
'declare function GetWindowRect(byval hWnd as HWND, byval lpRect as LPRECT) as WINBOOL
MSReturnCode = GetWindowRect(InhWin, @MainWaku) 'InhWinの左上端と右下端の座標をスクリーン座標で取得します。
Case 2
'declare function GetClientRect(byval hWnd as HWND, byval lpRect as LPRECT) as WINBOOL
MSReturnCode = GetClientRect(InhWin, @MainWaku) 'InhWinの表示枠内、ユーサー領域の左上端と右下端の座標をスクリーン座標で取得します。
Case 3
'declare function GetClipCursor(byval lpRect as LPRECT) as WINBOOL
MSReturnCode = GetClipCursor(@MainWaku) 'マウスカーソルの移動可能な範囲に相当するスクリーン座標を取得します(最大表示範囲)。
Case 4
'http://liweijing.blogspot.jp/2007/03/blog-post.html
'declare function SystemParametersInfoA(byval uiAction as UINT, byval uiParam as UINT, byval pvParam as PVOID, byval fWinIni as UINT) as WINBOOL
MSReturnCode = SystemParametersInfo(SPI_GETWORKAREA, 0, @MainWaku, 0) 'タスクバーの大きさをのぞいた画面の大きさ

0132デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 11:54:37.99 ID:e+ro1QoX
'表示枠全体, 表示枠使用可能範囲取得
Dim hBtn As HWND
Dim MainWaku as tagRECT
Dim PointXY as tagPOINT
hBtn = GetDlgItem(InhWin, IDnoGRALong): '表示枠内部品のハンドル(枠番号)を取得, hBtn=0でエラー
Select Case ActionType
Case 1, 11
MSReturnCode = GetWindowRect(hBtn, @MainWaku) 'hBtnの表示枠内部品の、左上端と右下端の座標を表示枠座標で取得します。
Case 2, 12
MSReturnCode = GetClientRect(hBtn, @MainWaku) 'hBtnの表示枠内部品の、左上端(0,0)と右下端の座標を取得します。

0133デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 11:58:30.77 ID:e+ro1QoX
'スクリーン座標 → ユーザー座標に換算
Dim as tagPOINT PointXY1, PointXY2
PointXY1.X = InWaku.Left
PointXY1.Y = InWaku.Top
IF (ActionType = 1) Then
MSReturnCode = ScreenToClient(InhWin, @PointXY1)
Else
MSReturnCode = ClientToScreen(InhWin, @PointXY1)
End If
IF (MSReturnCode = 0) Then IError = 1
PointXY2.X = InWaku.Right
PointXY2.Y = InWaku.Bottom
IF (ActionType = 1) Then
MSReturnCode = ScreenToClient(InhWin, @PointXY2)
Else
MSReturnCode = ClientToScreen(InhWin, @PointXY2)
End If
IF (MSReturnCode = 0) Then IError = 1
IF (Ierror = 0) Then
InWaku.Left = PointXY1.X
InWaku.Top = PointXY1.Y
InWaku.Right = PointXY2.X
InWaku.Bottom = PointXY2.Y
Else
'エラー
End If
てな感じ。

0134デフォルトの名無しさん2017/04/15(土) 12:03:35.44 ID:e+ro1QoX
表示枠や表示部品移動、大きさの変更について、
MSReturnCode = MoveWindow(hBtn, PointXY.X, PointXY.Y, WideLong, HightLong, True): '個別表示物の枠の寸法を定義, 再作画を指示
MSReturnCode = SetWindowPos(InhWin, HWND_TOP, 0, 0, new_width, new_height, SWP_NOMOVE)
MSReturnCode = SetWindowPos(hBtn, NULL, 0, 0, new_width, new_height, uFlags)
MSReturnCode = GetWindowRect(hBtn, @rw)
MSReturnCode = ScreenToClient(InhWin, @PointXY)
MSReturnCode = MoveWindow(hBtn, PointXY.X, PointXY.Y, new_width, new_height, True): '個別表示物の枠の寸法を定義, 再作画を指示
MSReturnCode = SetWindowPos(InhWin, HWND_TOP, LeftLong, TopLong, 0, 0, SWP_NOSIZE)
が関係しているらしいのだけれども、現在混乱して、作成中止中。

新着レスの表示
レスを投稿する